寝具・マットレスの選び方。快眠のために知っておきたい2つの基本。

  寝具を選ぶときは、何を基準に選べばよいのでしょう。「寝具は保温性が一番大切だ」とよく言われますが、本当でしょうか。

1.温度について

 掛け布団と敷寝具の間、つまり「寝床内」の状態と快眠との関係はそれほど簡単ではありません。保温性以外にも寝具選びの重要なポイントがあります。

 寝床内の温度が皮膚温を超えると暑さで発汗が進み、体力を浪費して深い睡眠は得られません。ヒトは皮膚の表面から熱を放散し、脳や臓器の温度が上がり過ぎるのを防いでいるからです。一方、寒すぎても筋肉に力を入れたり震えたりして、安眠できません。

 皮膚表面から体温が少しずつ放たれ、しかも寒さを感じない33℃ぐらいが快適な寝床内温度です。つまり、寝具には四季を通して、寝床内の温度を33℃ぐらいにキープできる機能が必要なのです。

 また、体に沿わない掛け布団も問題です。フィット性が悪いと肩口や足元から冷気が忍び込み、寝返りのたびに隙間風を呼び込んで不快感を招きます。

2.湿度について

 寝床内の湿度についても考える必要があります。眠りに就くと皮膚表面の温度が高くなり、発汗量が増えます。熱が放たれて、脳や体内の温度低下が進みます。ヒトが一晩の睡眠中にかく汗の量はコップ一杯分程度ですが、夏は気温が高いため発汗量が通常よりも多くなります。汗は敷き寝具に背面の湿度を高くし、相対湿度は80~90%に達することがあります。

 睡眠中に身体から放出された水分は寝具を通して室内と床方向へ移動します。寝具には水分を吸い込み、透過させて放出する機能が必要です。

 寝床内の湿度は50%ぐらいが快適とされていますが、発汗は季節による差が大きいため、湿度のコントロールは温度よりも難しいとされます。

 このほか、個人差も考慮する必要があります。体質、体調、病歴、体型、生活習慣などで体の発熱量や発汗が違います。寝室によっても部屋の温湿度は変わりますので、家族でも同じ寝具での満足は難しいものです。自分に合った寝具を選びましょう。

 

 寝具・マットレスを選ぶときに重要なのは、1.温度、2.湿度、そして、個人差、寝室環境です。下記のコラムでは掛けふとん、マットレス、枕などの寝具の選び方のポイントをわかりやすくお伝えしています。

 

掛けふとんは暖かすぎず、寒すぎず、蒸れないものを。

 掛けふとんと敷き寝具挟まれた小さな空間の状態を寝床内気候と呼びます。その温度と湿度が眠りに影響を与えます。寝床内は四季を通して、温度33±1℃、湿度50±5%ぐらいが快適だとされます。寝床内気候とふとんは、どんな関係があるのでしょうか。

 ・自分に合った枕を見つけるには。

 枕の重要性に気付き、自分にピッタリのものを求める人が増えています。ところが、この枕、ピッタリと合わせるのが意外に難しい。首のカーブを基準に選ぶ人も多いですが、それだけではうまく合いません。どうすれば自分に合った枕を手にいれられるのでしょう。

 ・マットレスは寝姿勢、寝返りがポイント。

 「枕の選び方」のコラムで、枕をしたあおむけの姿勢では、背骨全体のカーブが立っているときよりも少しなだらかな状態がよいと述べました。今回は寝姿勢とマットレス(敷き寝具)の関係、そして、寝返りについて考察します。

日本の風土に適したマットレスとは。

 日本は南北に長く、それぞれの地域、また四季によって、気候や温湿度が大きく異なります。日本にふさわしいマットレス(敷き寝具)はどのようなものでしょうか。

 ・羽毛(ダウン・フェザー)について。

 ふとんの詰め物(中わた)はいろいろありますが、掛けふとんに関して羽毛以上の詰め物は見当たりません。このコラムでは、羽毛の発生や種類などについてお話します。